@オフィスにて

 

 

輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 

旧年中は、弊社へのご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

少しでもご要望にお応えできたことを、大変嬉しく、光栄に存じます。

 

本年は、原状回復工事の修繕会社と一線を画する、また一般工務店との差別化として、この情報提供も強化。

そして、工事チームの強化、スタッフ増員も計画しております。

 

工事の内容におきましても、空室対策など踏まえたお客様ニーズに沿う、充実したご提案ができるよう、気持ちも新たに邁進して参ります。

お気づきのことは、どうかご指導を賜れれば幸いでございます。

 

本年も、変わらぬご愛顧のほど、心よりお願い申し上げます。

 

 

今年は暦の関係で、初出勤が、7日という方も多いと伺っています。

大手製造メーカーは、軒並みこのスケジュールのため、商品が入らず、四苦八苦しております(汗

 

年末年始は、いかがお過ごしだったでしょうか?

 

私の年末は、あろうことか、風邪でダウン…

 

「外出も、何もできないなら」と、本でも読もうか、と。

読み出して…ハッと気づくと、あっ、寝てる。

忘年会疲れもあったかもしれません。

 

でも元旦の早朝には、復活。

寒い中ですが、快晴の元旦に、気持ちの良い、新年のスタートを切らせて頂きました。

 

で、復活すると、しばしできなかった、完全オフを楽しみました。

 

岸下は、自分で言うのもなんですが、オンとオフの差が激しいです。

オフのときは、本当に何もしないことが多々あります。

オンのときは、そんなにやるか?と自分で思うほどの場合もあります。

 

でも、オフが長くなると、結局、何かやることはないか?と探し出す性分。

じっとしてられないのでしょうね。

 

結局、休み期間中に勉強をはじめたり、仕事の情報収集をはじめたり、今年の目標を考え、その戦略などを考えたり、あなたにどんなことで喜んでもらおうか考えたり…。

 

こういうのを、ワーカホリックって言うんですかね?

 

 

いろいろ考えていたときに、年末にあるオーナーとお話しした話題が、フッと頭をよぎりました。

 

それは、「2019年の賃貸市場って、どうなってますかね?」ということ。

 

このテーマ、あなたはどう思いますか?

 

岸下の個人的見解は、消費税の駆け込み需要に伴い、新築マンション・アパートの建築は進むと思います。

 

加えて、景気回復感も強いので、その波に乗るオーナーも多く、リノベーションに着手する方も多くなってきています。

 

また、この直近は「融資が厳しくなった」とは言え、そもそもの物件購入希望者は増加傾向です。

希望者の人数が増えれば、融資を組める方も増えますので、新規オーナーも増えます。

 

そういう意味では、2019年の賃貸市場は、不動産屋サイド(売買・仲介ともに)の見方からすると、「活況」となるのではないでしょうか?

 

つまり、あなたにとっては、「嫌なライバルが増える可能性が高い」と思います。

 

石橋を叩いて渡るオーナーばかりが増えればいいのですが、そうはいきません。

勢いのあるオーナーが、資金を投入し、入居者確保に力を注ぐことは想像に難くないかと思います。

 

おそらく、物件自身に力がなかったり、周りにいるチームがうまく作用してないとなど、多くの物件は太刀打ちが難しい、そんな予測をしています。

 

と、年始から脅すようなことで、すいません。

でも、事実として抑えていく必要がありますし、何かしらの対策が必要です。

 

 

だからこそ、あなたには岸下はじめ、うちのスタッフがいるかと。

打つ手は、たくさんありますよ。

 

ともあれ、本年も、あなたのお役に立てるよう、鋭意努力して参ります。

楽しみにしておいてください。

 

 

平成三十一年 吉日

 

―岸下 大輔