@オフィスにて

 

 

空き巣や泥棒って、怖いですよね。

もし家に帰った時に、知らない人が勝手に入っていた形跡があったりすると…、想像するだけで怖い。

 

今の空き巣や泥棒は、手口が巧妙で、対策を施す側とのイタチごっこ。

 

空き巣が入りやすい家と、入りにくい家がある様に、入りやすいマンションと、入りにくいマンションがあります。

 

あなたの物件は、入りやすいと思いますか?入りにくいと思いますか?

 

「いやー、うちは防犯カメラを設置してるから大丈夫だよ。」

「うちは、オートロックだからね。」

「うちだってモニター付インターホンだし。」

「いやいや、そもそも物件自体、高めのフェンスで囲まれているから。」

 

物件の安全自慢は、対策をしていれば、しているほど、話したくなりますよね。

 

そうなんです。

安全対策、特に防犯に関しては、募集をかけたときに反応が良くなる要素があります。

 

先ほど出てきたような、オートロックや防犯カメラ、モニター付インターホンなどは、人気のある設備の1つ。

昨今は女性だけでなく、男性にも人気です。

 

だから「うちの物件は、防犯対策バッチリなんです。」

と言いたくなる気持ちよく分かります。

 

が、しかし。

 

今日お会いしたオーナーは、この方の考える防犯対策は、一歩先を進んでるような、一歩後ろに下がるような、そんなことを仰ってました。

 

なるほどね、と思ってしまったんですけど。

 

そのオーナーも確かに、今挙げたような防犯対策は考えているんですよ。

モニター付インターホンも付けてましたし。

 

ただ、このオーナー曰く

「モニター付インターホンは、防犯の意味もあるけど、来客の顔見ることができるから。」

というもの。

 

息をひそめながら、玄関ドアのスコープを覗きに行くのも、ドキドキしますもんね。

 

そういう意味で、そのモニターホンをつけているという発想が、すでにちょっと違います。

 

ちなみに、このオーナーは、管理会社に管理を任せているのですが、物件はしょっちゅう見に行きます。

自宅から散歩がてら、見にくるんだとか。

 

あっ、それが防犯対策っていうことじゃないですよ。

 

その防犯対策とは何かというと、入居者が入居する際に必ず、防犯のしおりを配っていると仰ってました。

 

地域によっては、たまに防犯のしおりを作成されることがあると思うんですけど、新しいバージョンが出る度に、入居者に配る。

また、どこかしらインターネットで引っ張ってきては、それを配布する。

 

鍵の使い方や、防犯対策の知恵なども、入居の際に伝授する。

 

これは教えてもらった知恵、という事なのですが、マンションの住人同士の挨拶を励行してるみたいです。

 

そうすると、ある程度、顔なじみになり、誰が住んでいるのか?見たことない人がいるのか?など、 自ずと横の関係ができて、自衛本能が目覚めるのだとか。

 

どんなに周りの防犯の機能高めても、本人がどこまで、自衛策を取れるかどうかっていうのも問題ですよね。

 

そういうやり方も、ありなのかと、つくづく思った今日の1日でした。

 

やり方というか、知恵というか、情報というか。

工夫って、面白いですね。

 

あなたの物件、防犯対策は大丈夫ですか?

 

 

―岸下 大輔