@京都タワーホテルの待合室にて

 

 

いつも同じ内容で、それが「普通」って思うものありません?

 

その「普通」って、結構、巷に溢れてますよね。

というより、普通ばかり。

 

でも、世の中で一発当ててる人って、その「普通」の常識を打ち破った人がほとんどです。

 

あっ、一発当てるのを狙うってのは、ビジネスをする上で、良くない方針ですよ。

 

まぁ、一発当てたいですけどね。

これであなたも、一発逆転の人生!ってのは、いつの時代ももてはやされる情報の一つ。

 

確かに、一発当てる人もいるけど。いや、一発当てたいけど…。

それは、危険な臭いしかしません。

 

野球でも、ホームランは派手でカッコいいですが、ホームランだけでは勝てません。

地味に安打を積み重ねていく方が、ビジネスは安泰です。

とはいいながら、安打を打ち続けて、ホームランってのが一番狙いたい所です。

 

さて、岸下も、本心では一発当てることを目論むことは、置いておいて(汗

 

そう、「普通」のものが、世の中にあり過ぎる。

「普通」がスタンダードだから、当然か。

 

ちょっと、書きながら、この言葉の定義に戸惑ってしまってますが。

 

その「普通」に疑問を持ち、多少のスパイスを効かせる。

ちょっと角度を変えてみる。今回は、そんな話ですよ。

 

 

その前に、この「普通」。

様々なケースバイケースで突き詰められた結果、その「普通」に落ち着いているってのは、その通り。

 

それがスタンダードになったって経歴は、事実ですよね。

 

どちらかと言うと、研ぎ澄まされて、磨きに磨かれて、ここに落ち着いたっていうか。

でも、それがために、端的にアピールし過ぎて、今とマッチングしないこともあるはず。

 

例えば、○○駅より徒歩○○分、○○平米、家賃○○万円。

 

確かに、端的に比較するには、いいかも知れません。

しかし、無料メールセミナーでも書きましたが、今のニーズはそれでは絞れない。

 

<無料メールセミナーはこちら:http://manshitsu-kyoto.com/news/d1057/

 

物件を求めている側からすると、本当の情報が得られない。

情報が少ないというか。

 

 

例えば、Mさんが探してる物件は、本音では、広さ家賃もそうですが、職場に近く、子育てもし易い環境だったとします。

 

この広さや家賃よりもってのは、奥さんの本音ではあることは、よくあること。

 

であれば、最寄りの保育園まで○○分。や、遅くまでやっているスーパーまで○○分とかの方が、魅力的な物件情報になりますよね?

 

どういう公園が近くて、小学校はどういう人気とか、そっちの方が知りたいのではないでしょうか?

 

仮に共働きで、子供が小学生なら学童まで○○分とか、ね。

もしくは、その学童がどんな施設なのか?や、近隣の治安状況など。

 

入ってもらいたい入居者、または最短で決めるならこの入居者、というターゲットが決まっていれば、そういう「普通」に対して、変化をつけれるのではないでしょうか?

 

今、マーケットではこういった内容が求められています。

声に出す人が少ないからといって、甘く見てはいけません。

 

入居者は、より簡単に情報を得られることを望んでいます。

 

でも、それに応えているところがない。

 

で、あれば…ですよね。

 

 

あなたは、どういう「普通」を変えて、こちらに巻き込みますか

 

 

―岸下 大輔